E-MAILによるデータの送受信について (2002.7)
当社では広告原稿をMacintoshで制作し、E-MAILに原稿データを添付して入稿する、いわゆる「MAIL入稿」を積極的に行っています。特に遠隔地の版元への「MAIL入稿」は入稿時間を大幅に短縮できる上、データを直接送ることで双方の様々な業務負担を軽減することにもつながります。Macintoshデータによる入稿が可能で、E-MAILでのやりとりができる版元のみなさんには、ぜひとも「MAIL入稿」にご協力をお願いします。下に「MAIL入稿」に関する注意事項を挙げますのでご一読下さい。
SPACE
●当社の環境(2002.7月現在)
OS Mac OS 8〜9
使用アプリケーション Adobe Illustrator 5.5J〜8.01J
※配置画像はAdobe PhotoshopでEPSファイルにしています
使用フォント リューミン・ライト、新ゴB、太ゴB、太ミンB、見出しゴ、見出しミン、
じゅん101、ゴシックBBBミディアム
※これ以外のフォントはアウトライン化しています
メールソフト Outlook Express(Macintosh Edition)
圧縮/解凍ソフト DropStaff 5.1J・StaffIt Expander 5.1.2J・MacLHA 2.22
Mail Address prs@prs-net.com, webmaster@prs-net.com
SPACE
1.受信編
■Macintoshマシンで受信する場合

●受信側で必要となるもの
解凍ソフト:StaffIt Expander(できるだけ、 5.1.2J以上のバージョンをご用意下さい)
※StaffIt Expanderの最新バージョンは下記より無料ダウンロードできます。

●送信の手順(PRS→版元)
1.Adobe Illustratorで原稿データを作成
2.原稿データをDropStaff 5.1Jで圧縮
3.Netscape Communicator 4.7付属のメールソフトで書いたメ−ルにデータを添付して送信
※配置画像がある場合は、同じフォルダ内にPhotoshopのEPSファイルを入れてから圧縮します

●受信の手順(版元側)
1.圧縮された添付ファイルをStaffIt Expanderで解凍して下さい
2.データをプリントアウトして、当社までFAXして下さい
3.FAX原稿を確認し、当方からOKを出します


■Windowsマシンで受信する場合 ※当方の制作・送信はあくまでもMacです

●受信側で必要となるもの
解凍ソフト:LHAが解凍できる解凍ソフト

●MAIL入稿の手順(PRS→版元)
1.Adobe Illustratorで原稿データを作成
2.原稿データをMacLHA 2.22で圧縮
3.Netscape Communicator 4.7付属のメールソフトで書いたメ−ルにデータを添付して送信

●受信の手順(版元側)
1.圧縮された添付ファイルをLHA解凍ソフトで解凍して下さい
2.データをプリントアウトして、当社までFAXして下さい
3.FAX原稿を確認し、当方からOKを出します

※受信だけWindowsマシンで行い、その後の割付け等はMacで行う場合、解凍した時点でMOまたはFD等のメディアにコピーしてデータを移動させて下さい。
※配置画像がある場合は、同じフォルダ内にPhotoshopのEPSファイルを入れてから圧縮します。
※(Windows版のIllustrator、Photoshopをお持ちで)受信およびその後の作業も全てWindowsマシンで行う場合は、文字を全てアウトライン化し、当方で送信ファイルに「.ai」という拡張子を付けます。事前にご指示下さい。
※圧縮しても数MBになってしまうような大きなデータは事前にご相談いたします。

SPACE
2.送信編
■Macintoshから当社へ送信する場合

1.Adobe Illustratorで原稿データを作成
2.原稿データを任意のフォルダに格納し、フォルダごとDropStaffで圧縮
3.任意のメールソフトで書いたメ−ルにデータを添付して送信
4.当方はStaffIt Expanderで解凍します

※配置画像がある場合は、同じフォルダ内にPhotoshopのEPSファイルを入れて圧縮して下さい。
※ファイルを格納する"フォルダ"は、できるだけ英数文字で名前をつけてください。日本語だと文字バケすることがあります(中に入れる"ファイル"の名前は日本語で構いません)
※基本的にメールソフトは何でもオッケーです。
※DropStaffの最新バージョンは下記からダウンロードできます(シェアウェア)


■Windowsマシンから当社へ送信する場合

●圧縮形式は、できるだけLHAかZIPでお願いします
●Adobe Illustratorのデータを送る際、文字は全てアウトライン化してください
●画像ファイルはEPSがベストですが、BMP、WIN、GIF、JPGでも処理・加工することはできます
●テキストデータは、プレーンテキストとして、添付ではなくメールの本文に直接書き込むかペーストしてもらうほうが確実です
●その他、細かな内容は、当社制作担当へご確認ください
SPACE
圧縮について
Macでの圧縮は"DropStaff"が便利です。(DropStaffとStaffIt Expanderは、iMacなどでは標準でバンドルされているようです。またパソコン雑誌の付録のCD-ROMなどにもよく収録されています)下記に圧縮の手順を簡単に説明します。


1.まずDropStaffを起動し「ファイル→環境設定」で設定画面を開き、BinHexを選択。一番上の「BinHexフォーマットにアーカイブを変換」をチェックします。「OK」をクリックして設定完了(Fig-1参照)

Fig-1

2.送信したいファイルを任意のフォルダに格納し、DropStaffのアイコンにDrop&Dragする

3.二種類(設定によっては三種類)の圧縮ファイルが現われますが、添付するファイルは"sit.hqx"という拡張子のついた白いファイル(メール添付にはこの形式が一番適している)を使います。他の形のファイルは捨ててしまってかまいません(Fig-2参照)

Fig-2

4.任意のメールソフトで書いたメールに、白いファイルを添付して送信します


※不明な点は、お電話・FAXまたはメールでお問い合わせ下さい
※送信先メールアドレスは"prs@prs-net.com"または当社担当者に確認して下さい

TEL:03-3906-7838/FAX:03-3906-6054


SPACE DOWNLOAD ACT2 WEB SITE
SPACE DOWNLOAD ACT2 WEB SITE

Copyright © 2001 PRS Inc. All Rights Reserved